沿革

1948年曳船業を主体として、北九州市において本船タグ業務を開始。
1967年洞海タグボート株式会社を設立。代表取締役に今田一郎が就任。
1971年豊洋船舶株式会社を吸収合併、資本金を3,000万円とする。
1973年博多営業所開設。
1975年長崎営業所開設。
1987年東京本部開設。
1995年「挑洋丸」就航。
1996年代表取締役に今田民壽が就任。
1996年特殊作業船「あせあん丸」を改造・就航。
1996年「とびうめ丸」就航。
1999年増資により資本金を3,412万円とする。
2000年社名を洞海マリンシステムズ株式会社に変更。
2000年海底ケーブル敷設船「光輝丸」就航。
2001年1998年に特殊作業船として新造した「光進丸」を、2001年に海底ケーブル敷設船として改造・就航。
2010年「ひびき」就航。
2012年「つばさ」就航。
2015年「つしま」就航。
2016年「あさひ」就航。
2017年「みさき」就航。
2017年代表取締役に今田寿雄が就任。